36(サブロク)協定とは

時間外労働・休日労働に関する協定(通称 36(サブロク)協定)を届け出ていますか

労働基準法では、1 日及び1 週間の労働時間並びに休日日数を定めていますが、これを超えて、時間外労働又は休日労働させる場合には、あらかじめ「36 協定」を締結し、労働基準監督署に届け出なければなりません。

使用者と労働者代表(または労働組合)が「36協定」を締結し、労働基準監督署に届け出る

36 協定締結の際、また、労働基準監督署への届出にあたって、以下のリンク先を参考にして下さい。

しっかり学ぼう!働く時の基礎知識(「確かめよう 労働条件」) 解説ページへ

(事業主・労務管理担当の方へ)時間外労働と割増賃金

  • しっかり学ぼう!働くときの基礎知識
  • 時間外・休日労働と割増賃金(事業主・労務管理担当の方へ)

リーフレットなど

リーフレットは、ダウンロードして使用することができます。

36協定届等の作成等支援(スタートアップ労働条件)

必要な項目を画面に入力・印字することで監督署に届け出が可能な36 協定届等が作成できます

スタートアップ労働条件 36協定届等の作成支援

電子申請について(電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ])

36 協定届は、電子申請が行えます

電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]
時間外労働・休日労働に関する協定届
(各事業場単位による届出)
  • 厚生労働省法令等データベースサービス
  • e-Gov