法令・制度のご紹介

労働基準に関する法制度

最低賃金法

昭和34年労働基準法から派生。賃金の最低額を定める法律です。

  • 地域別最低賃金・・・各都道府県ごとに、産業や職種を問わず、すべての労働者と使用者に適用されます。
    平成28年度全国加重平均時間額:823円

  • 特定最低賃金・・・原則、都道府県内の特定の産業について決定されます。
    平成28年度3月末日現在、全国で235件が設定され、全国加重平均時間額は840円です。

最低賃金法はこちら
「e-Gov」ウェブサイトへ

一覧ページへ戻る
  • 厚生労働省法令等データベースサービス
  • e-Gov